経営計画策定支援

近年の少子高齢化の進展に伴い、社会福祉法人を取り巻く経営環境は大きく変化してきました。

 

社会保障給付は増大の一途をたどる一方、社会保障財源には限りがあるため、政府は「社会保障と税の一体改革」への取り組みが示されているところです。

 

財源確保のため、消費税増税などが実施されますが、持続可能な社会保障制度の実現のためには、社会保障給付の抑制策についても検討が必要なことは容易に想像がつくことです。

 

そのような経過の中、社会福祉法人の経営状況について透明性を確保する目的から、新・社会福祉法人会計基準が通知されることとなり、原則として、財務諸表の公表が義務付けられることとなりました。

他方、社会福祉法人の内部留保について注目が集まるようになったことも記憶に新しいところです。

そのような状況下、社会福祉法人の経営について、長期的な展望に立った事業事業運営が望まれるところです。

向こう、5年から10年間の経営計画の策定をお考えの法人様にお勧めです。

ページの先頭に戻る