公益認定申請支援

公益法人(公益財団法人、公益社団法人)の設立は、まず一般法人(一般財団法人、一般社団法人)を設立した後、内閣府又は各都道府県に公益認定申請を行います。そして、公益認定を受ければ公益法人となることができます。

公益認定を受けるには、以下の3つの要件を満たす必要があります。

 

1.公益目的事業を行うことを主たる目的としていること

2.公益認定基準の18項目全てに適合すること

3.欠格事由に該当しないこと

 

上記の公益認定基準に適合した申請書や定款の作成には、膨大な時間と専門的な知識を有します。

弊事務所の公益法人アドバイザーが経理的指導から申請書の作成まで法人様のご要望に合ったご支援をさせていただきます。

 

ページの先頭に戻る