シェアリングレター

シェアリングレターの創刊は平成4年3月。皆様のご支援とご声援のおかげで、年2回、24頁で6,000部発行しています。本当にありがとうございます。

当初、気楽に楽しくをモットーに手書き混じりの紙面で始めたのですが、何事もやり始めると職人気質と完璧主義が出てきてついつい張り切ってしまうところが林事務所の特徴。「何を伝えたいの~?」「心に響いたことは何?」「誰が読んでもわかりやすく書かんとあかんよ~」と、優しい口調で何度も書き直しを迫まる編集長の幸。最後のレイアウトは職工の所長光行。原稿を引受けたスタッフにとっては“生き地獄”(ホントホント)とも言えるような締切り前夜を迎えるという具合です。

「記事が集まらないのでは」との心配は無用。交流、経営倶楽部、合宿や事務所旅行など所内行事、最近はご寄稿くださる方が増え、「記事が多すぎてどうして削ろうか」というのが悩みの種という編集者としては嬉しい悲鳴なのです。

読んでくださる方がいる。「あれがよかったよ」「こんなこともあるよ」と感想を言ってくださる方がいる。行事に参加してくださる方がいる。「今度はこんなことしたら」「もっとこうせいよ」とアドバイスしてくださる方がいる。これってすごいことだな、ほんとありがたいなと思います。これからも、みなさんとシェア(共有)したい内容をどんどん取り上げて行きたいと思いますので、どうぞご愛読頂けますようお願い申し上げます。

55号(2017年10月)

シェアリングレター55号 全24頁 5,325KB

 

ページの先頭に戻る